アメックスとは、アメリカン・エキスプレスのことです

アメックスとは?

アメックスとは、アメリカン・エキスプレス(American Express Company)の略称です。トラベラーズチェックの国際ブランドとして有名で、持っていることである種のステータスを感じさせるカード。この会社はトラベラーズチェックとクレジットカードの発行を主とする、アメリカ合衆国にある企業です。他にも、旅行代理業などの旅行事業や法人向けの銀行事業、プライベートバンク、投資信託、保険業務など…さまざまな事業を手掛けています。

 

アメリカ以外でも日本やイタリア、イギリス、メキシコ、カナダ、オーストラリアなど…さまざまな国でクレジットカードを発行しています。現在では、世界140カ国に、2,200のトラベル・サービスオフィスを展開するまでになっています。さらに、アメックスカードの会員数は、7,800万人にも達しているのです。


アメックスカードの歴史

アメリカン・エキスプレスは、1850年に創設された「ウェルズ・ファーゴ」がその前身となります。創立者はヘンリー・ウェルズ氏とウィリアム・ファーゴ氏、そしてジョン・バターフィールド氏の3人。荷馬車で荷物を運ぶ宅配業者としてスタートしました。事業は好調で、全米はもちろん隣のカナダやメキシコまでにもその輸送網を広げたのです。

 

1882年になると、今度は郵便為替業務を開始。これは世界でも初となる事業で、これがきっかけで金融業にも参入しています。1891年には、ウィリアム・ファーゴ氏の提案でトラベラーズ・チェックを発行。これは世界でも2番目にあたるといわれる参入で、アメリカ国内はもとより、これまで事業を手掛けていた海外にも導入されるようになりました。

 

その後は、海外旅行をする人をサポートするための事務所を次々と開設。1895年にはフランスに、1896年にはイギリスにと…次々と海外への事業網を展開していったのです。日本では、1917年に横浜に開設しています。驚くことに、第一次世界大戦中においても、海外に取り残されたアメリカ人旅行者の為にトラベラーズ・チェックの交換をおこなうなど、安定した業務の遂行をみせています。他の金融機関では為替業務を閉鎖することが多かっただけに、こうした対応が高い評価を得ることにつながっています。ちなみに、第二次世界大戦とあわせて、この期間中は持っているネットワークを生かして、さまざまなサービスを提供していました。終戦後は、ダグラスDC-6やロッキード コンステレーションなどの大型旅客機がによる海外旅行が流行り、再び海外への展開を広げていきました。日本でも、1954年に支店を再開しています。

 

クレジットカードへの参入は、1958年にアメリカホテル組合のクレジットカード会社を買収したことから始まりました。1959年には、今の形に近い磁気ストライプカードを利用した方式を取り入れ、1970年代から世界各国でクレジットカードを発行。1966年にゴールドカードを、1984年にプラチナカードを導入しています。


アメリカン・エキスプレスとは?記事一覧

アメックスカードは、数あるクレジットカードの中…世界でもトップクラスのブランド力を持ちます。アメリカ系とアメリカ系列のホテル業界を中心に、航空券やホテルの手配をすべてのプロパーカードで請け負っています。カードランクによる違いはあるものの、高級ホテルの宿泊時には独自サービスの提供も受けられ、レストランの予約も代わっておこなうなどの手厚いサービスも充実しています。アメリカで発行されているグリーンカード...

アメックスカードには、日本支社であるアメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッドが発行するプロパーカードと、他社との提携で発行されるカードがあります。プロパーカードは、クレジットカード発行会社(イシュア)が他社と提携していない、アメリカン・エキスプレスの独自の発行カード。これらは「本家(もしくは本家カード)」といった呼び名もありますが、提携カードとは微妙に違う、発行を認めてい...

経営者や個人事業者を対象としたアネックスカードには、「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード」「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード」とあります。4半期管理リポートや、ビジネス・セービング(オフィス・デポやフェデックスの利用で割引サービス)、Club-Off(ライフサポート・サービス)など、ビジネス色が強いサービスが付いて...